豊胸手術の種類と具体的な方法やリスクについて

MENU

豊胸手術の主なパターン

バストアップサプリメント

 

バストの形や大きさで悩む女性は多いですが、努力だけで理想のバストに整えていくのは難しいものがあります。

 

すぐに理想の大きさ、形を得たいと豊胸手術も検討してる人もいるのではないでしょうか。

 

豊胸手術は一種類だけではなく、様々な種類があり、治療方法、効果も違ってきます。

 

さらに美容整形にはどんな方法でもメリットだけではなくリスクもありますので、治療前にはリスクについてもよく理解しておきましょう。

 

まず、特に手軽に行える豊胸手術の種類ではヒアルロン酸注入などの注入系の治療があげられます。

 

この方法であればメスを使う必要はなく、注射だけで短時間でバストアップの効果を得ることができます。

 

永久的な効果ではなく、少しずつ吸収されていきますので、少しずつもとの状態に戻っていきます。

 

リスクとしては思いのほか感触が硬く仕上がってしまう、ヒアルロン酸のまわりに被膜ができ、しこりや変形が起きてしまうことなどがあげられます。

 

そして豊胸手術の代表的な方法としては、シリコンバッグを挿入する施術があり、半永久的な効果が得られるのがメリットです。

 

リスクとしては、ダウンタイムが長くなる、傷が目立つこともある、感染のリスクがあるなどがあげられます。

 

そしてバッグを入れた場合は体が異物として判断してしまうため、バッグのまわりに膜を作り防御しようとするカプセル拘留が起こることがあります。

 

こうなるとバストがいびつになる、固くなってしまうなどの問題も出てきますが、バッグの種類も豊富にありますので、選ぶものによってよりカプセル拘留のリスクは抑えられるようになっています。

 

豊胸手術の種類では自らの脂肪をバストに注入し、ボリュームアップを得るというものがあります。

 

この方法ではヒップやお腹、太ももなどから脂肪を吸引しますので、バストアップと同時に痩身の効果を得ることもできます。

 

自然に仕上がるのがメリットですが、リスクとしては、吸引した部位に内出血や腫れが起きてしまうことがあげられます。

 

そして注入した脂肪もすべて定着するのではなく、治療方法によっては良い定着が得られない場合もあります。さらに石灰化や脂肪の壊死が起こることもあります。

 

最近は脂肪注入もより新しい方法が登場しており、定着率も高く、石灰化のリスクも抑えられるようになっています。

 

いずれの治療もメリット、リスクどちらもありますが、最新の治療を選ぶこと、技術の高い医師に担当してもらうことでかなりリスクは抑えることができます。