噛んで食べるタイプと飲むバストアップサプリメントの違いについて

MENU

噛んで食べるバストアップサプリメントと飲むタイプの違いについてのまとめ

バストアップサプリメント

女性らしいボリュームのある、ハリのあるバストは誰もが憧れます。しかし、食事内容や生活習慣だけではなかなか改善することができません。そこでバストアップに働くホルモンに似た成分を補って、バストアップを促進させることが重要になってきます。

 

世の中にはバストアップサプリメントは数多くあります。成分も若干異なりますので、自分の生活に合ったものを選ぶことが多いでしょう。しかし、口コミを見ると効果がなかったなどの声もあります。よく見ると飲み方を間違えているパターンがあり、バストアップサプリは事前にどのように飲むタイプかを把握しておくことが大切です。

 

水で飲むタイプ

ポピュラーなのが水で飲むタイプです。決まったタイミングで水と一緒にサプリを飲みます。薬の飲み方と一緒なのでなじみがあります。

 

噛んで食べるタイプ

お菓子のキャンディーやグミのように口の中で噛んで砕いて食べるように摂取します。

 

どちらのタイプのバストアップサプリなのかをチェックしてから購入するようにしましょう。
<参考>

飲むタイプ ベルタプエラリア、ピンキープラス、ビーアップ、ぷるるん女神、エンジェルアップ、グラマラスリムプエラリアなど
噛んで食べるタイプ ハニーココ,ボンキュート
ゼリータイプ マシュマロヴィーナス

 

 

では、この2つの摂取の仕方はどんな違いがあるのでしょうか。

バストアップサプリメント

それはバストアップサプリメントの構造や成分の状態に寄ります。水で飲むとそのままの状態で胃腸に届き、そこで溶けて中の有効成分が体内に吸収されるようになっています。

 

胃で溶けて吸収されるまでに時間を要するので、それを考慮して飲むタイミング時間も指示されていますし、今で届くような構造になっています。

 

それに比べて噛んで食べるタイプは口の中である程度砕かれて、すぐに吸収しやすい状態になっています。その状態で胃に届くので吸収も早くなります。この状態を仮定して飲むタイミングや成分量を決めています。

 

バストアップサプリメントは有効成分をきちんと十分な量を吸収できてこそ、効果を発揮します。そのため、飲み方を指示通りしないと必要な吸収量にならないのでバストアップできないという結果になってしまいます。違いをよく把握して、せっかくの有効成分をバストに届くようにしましょう。