妊娠・出産はバストサイズが最も変化する時

MENU

妊娠・出産は最もバストサイズに変化が訪れる時期!産後も美バストを保つためのポイント

産後にバストの大きさが変わる

 

妊娠して胸が大きくなった!

 

出産して授乳中は良かったけど、断乳したら見るも無惨な垂れ乳になってしまった・・・

 

と妊娠・出産は女性ホルモンの影響で胸のサイズが最も変化する時です。

 

特に多くの女性の悩みの種となっているのが、産後にバストが垂れること。

 

母親になったんだから、女は捨てて・・・

 

いやいや、ママになっても綺麗なスタイルは維持したいですよね!

 

そこで、産後も美バストを保つためのポイントをご紹介していきたいと思います。

どうして産後にバストが垂れる女性が多い?

ここで言う、バストが垂れるというのは、バストが小さくなるというのとは違います。

 

妊娠中、授乳中は女性ホルモンの影響でほとんどの人は胸が大きくなります。

 

そして、断乳する頃には元の大きさに戻ります。

 

これは至極当然のことです。

 

ですが、垂れるといのは下垂です。

 

バストトップが下がることを言います。

 

バストトップが下がると見た目年齢も老けます。嫌ですよね。

 

どうして産後にバストが垂れてしまうのか?について解説したいと思います。

 

まずは、

 

筋力の低下です。

 

約10ヶ月もの妊娠期間中、ほとんどの人は運動という運動はすることはないでしょう。

 

するとすれば、臨月に入ってからウォーキングする程度ではないでしょうか?

 

体調優先でゆったり過ごす方がほとんどです。

 

そして、出産し授乳やだっこで意識しなければ猫背といった姿勢が悪い状態で長時間過ごすことが多くなります。

 

そうして、バストの土台となる大胸筋や、バストを支える僧帽筋などが衰えてしまいます。

 

次に。

 

クーパー靱帯が伸びる、切れるです。

 

妊娠中は、お腹が大きくなるにつれてブラジャーを着けるのがしんどくなります。

 

マタニティブラはそこまでホールド力はありません。

 

妊娠中は、少しの締め付けも不快に思いノーブラで過ごす人も少なくありません。

 

そして、出産後、母乳育児の場合、授乳ブラを着ける方がほとんどでしょう。

 

これまた授乳ブラもそこまでのホールド力はありません。

 

このように妊娠期間〜断乳まで約1〜2年、野放し状態のバストは知らず知らずのうちにクーパー靱帯が伸びたり切れたりしてしまいます。

 

 

そして、次。

 

女性ホルモンバランスの乱れです。

 

赤ちゃんのお世話で睡眠がちゃんと取れないこともしばしば。

 

育児・家事・仕事など多忙すぎたり、ストレスで女性ホルモンのバランスを崩しがちです。

 

以上が産後にバストが垂れてしまう理由です。

産後も美バストをキープするためには?

産後も、バストの下垂を防ぎ、綺麗な形、大きさをキープするにはどうすればいいのでしょうか?

 

考えられることは色々ありますが、お金のかからない順番からご紹介したいと思います。

 

大胸筋を鍛える

 

基本は腕立て伏せですが、筋トレに不慣れな方でしたら、胸の前で合掌して左右双方から押し合うやり方でも大胸筋を鍛えることができます。

 

隙間時間を使ってやるだけでも、続ければバストトップが上がってくるのがわかるでしょう。

 

ストレスを発散する

 

女性ホルモンの分泌をつかさどる脳の視床下部はストレスに弱いのです。

 

ストレスは溜まるのはしょうがないので上手く発散するようにしましょう。

 

胸をしっかりホールドしてくれる下着を着ける

 

サイズのあったブラ、寝ている時に胸の横流れを防いでくれるナイトブラなどを着用するようにしましょう。

 

サプリを飲む

 

女性特有のリズム(エストロゲン、プロゲステロン)をサポートしてくれる成分が入ったサプリがオススメです。

 

ただし、粗悪なものを選んでしまわないように。

 

値段で決めるのではなく、しっかりと何が入ってるか、口コミや評判はどうか?をチェックするようにしましょう。

 

今からでも遅くありませんので、できることからチャレンジするようにしてみてください!