レッドクローバー バストアップ

MENU

レッドクローバーとは?

プエラリア最近になってバストアップに良い働きをするサプリメントとしてレッドクローバーが注目されるようになってきています。このレッドクローバーとはヨーロッパや西アジアなどが原産のハーブの一種で、古来から原産国ではハーブティーとして飲まれたり咳止めの薬などとして使われてきました。

 

また現在では女性ホルモンのエストロゲンに似たイソフラボンを豊富に含んでいる事などからバストアップに良いとされ、日本国内でもサプリメントやハーブティーとして販売されています。

 

レッドクローバーに含まれるイソフラボンはエストロゲンと非常に近いものになっていて、摂取する事でバストサイズのアップに効果が期待できますがそれだけではありません。

 

さらに抗エストロゲン作用と言う働きも持っていて、過剰なエストロゲンの生成も抑制されます。なので危険な副作用もなく安心してバストアップに取り組めると言う特徴があります。

 

なお、結果が出るまでに個人差はありますが、およそ2〜3か月程度で結果が出るとされています。

レッドクローバーの効果

プエラリアレッドクローバーの最大の効果はバストアップになりますが、その他にも女性に嬉しい働きがあります。

 

●更年期障害の緩和
まず更年期障害の緩和ですが、基本的に更年期障害はエストロゲンの減少が原因になっています。なのでそのエストロゲンに近いイソフラボンを摂取する事は症状の緩和に役立つと言えます。

 

●美肌効果
また美肌にも役立つとされ肌に潤いやハリ、弾力などを与えますし、美肌に必要なコラーゲンやヒアルロン酸の生成にも力を発揮するとされています。

 

●呼吸器系のトラブル解消
そして呼吸器系のトラブルにも効果があるとされていて、レッドクローバーの持つ抗炎症作用により咳や喘息などの呼吸系トラブルの緩和や改善に役立つとされています。

 

●PMSの症状を和らげる効果
また月経前症候群と呼ばれる月経前のイライラや腹痛などの症状も緩和できます。この場合もイソフラボンが大きなポイントになっていて、女性ホルモンのバランスを整える事で月経前症候群の症状緩和を行っています。なお、女性ホルモンのバランスが整うと肌荒れやニキビなども改善されます。

レッドクローバーの副作用

プエラリア
基本的にレッドクローバーに危険な副作用は報告されていません。これは極めて高い安全性が確保されている事が理由で、一日の摂取量をしっかりと守れば副作用の心配はありません。

 

ただ摂取量が多過ぎた場合には女性ホルモンが過剰に分泌されたと体が判断しますので、頭痛や嘔吐などの症状が出ることがあります。

また、妊娠中や授乳中の方も注意が必要になります。

 

妊娠中は妊娠を維持するために分泌される女性ホルモンのバランスが崩れやすくなりますし、授乳中は女性ホルモンが赤ちゃんに対して過剰に働くことがあります。
なので妊娠中に摂取した場合には流産などの危険性がありますし、授乳中の場合は赤ちゃんに頭痛や嘔吐などの症状が出る可能性があります。なおこのような場合には自己判断はせずに、必ず産婦人科医などの専門家に相談する事が重要になります。そうしないと大きな問題に発展したり場合によっては命にかかわるトラブルを招く可能性もあります。

レッドクローバーの効果的な飲み方

プエラリアレッドクローバーは基本的にいつ飲んでも良いのですが、効果を高める飲み方があります。それは就寝前に飲むと言う方法で、これは睡眠中に成長ホルモンが分泌される事を利用した飲み方になります。

 

基本的に人間は成長期を過ぎても成長ホルモンが分泌されます。なのでバストサイズのアップは大人になっても可能なのですが、その為には睡眠が大きなカギになります。

 

なので就寝前にレッドクローバーを摂取しておく事は、成長ホルモンを効率的にバストサイズのアップに役立てると言う事になります。
また、バストアップ作用を高める為には生理の後半から排卵開始前までに飲む事が良いとされています。これも女性ホルモンのバランスが影響していて、この時期にレッドクローバーを摂取する事はバストサイズをアップさせる働きを最大限に高めるとされています。
なお他の薬を常用している場合は働きが悪くなってしまう可能性がありますので、その際には医師に相談する必要があります。