ワイルドヤムの働きについて

MENU

バストアップサプリに含まれるワイルドヤムについて

ワイルドヤムはアメリカやメキシコに自生するヤマイモ科の植物です。

 

バストアップサプリメントになぜワイルドヤムが使われるかというと、ジオスゲニンにプロゲステロン様作用があるからです。

 

ジオスゲニンは「ホルモンの母」と呼ばれるDHEA(女性ホルモンのエストロゲン・プロゲステロン・男性ホルモンのテストステロンをはじめ、50種類以上ものホルモンの前駆体(変化前の物質))と似た構造をしていて、穏やかにホルモンバランスを安定させる働きがあります。

 

また、ワイルドヤムにはサポニンという抗酸化作用のある成分も含まれ、アンチエイジングや肝機能向上にも良いと言われています。

 

ワイルドヤムは単体でもサプリメントとして販売されており、ユーザーの口コミを見ると更年期症状の軽減・バストアップ・PMSの軽減を目的に飲んでいる人が多いことがわかります。

バストアップにはプロゲステロンも重要

プロゲステロン様作用があるジオスゲニンを含むワイルドヤムということですが

 

バストアップにはエストロゲンの方が重要なんじゃないの?

 

と思っている女性が多いようですが、それは間違いです。

 

バストアップにはエストロゲンとプロゲステロンのどちらも重要となってきます。

 

バストアップ成功のためには乳腺を発達させることが重要なのですが、その乳腺を発達させる働きはプロゲステロンが持っています。

 

また、そもそも女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンは女性の妊娠・出産に大きく関わっていてそれぞれ大切な役割があります。

 

エストロゲンとプロゲステロンの主な働き

エストロゲン

  • 女性らしいボディラインをつくる
  • コラーゲンの生成を助け、肌や髪のハリ、潤いを保つ
  • 子宮内膜を厚くする
  • 子宮頚管の分泌液を増やす
  • 骨密度を保つ
  • 代謝を促進する
  • 精神状態を安定させる
  • 脳を活性化し、記憶力や集中力の低下を防止する

プロゲステロン

  • 乳腺を発達させる
  • 基礎体温を上昇させる
  • 妊娠を継続させる
  • 食欲を増進させる
  • 体内の水分を保つ
  • 受精卵の着床のため子宮内膜を整える

女性ホルモンのエストロゲンは卵胞ホルモンとも言われ、月経が終わる頃から分泌が増えます。

 

エストロゲンが優位に働いているおかげで肌は綺麗で体も軽く、気分も良いため、女性にとっては嬉しいことばかりのように思われますが、エストロゲンには乳がんや子宮頸がんのリスクを高める作用もあるとされています。

 

プロゲステロンがセットで分泌されることでエストロゲンの悪い作用を抑えてくれるのです。

 

ワイルドヤムはいつ摂ると良い?

ワイルドヤムに含まれるジオスゲニンはプロゲステロン様作用があるため、プロゲステロンの分泌が増える黄体期(排卵後〜生理が始まるまで)に摂ります。

 

エストロゲンの分泌が増える卵胞期に摂ると、ホルモンバランスが崩れてしまう原因になるためです。

 

ホルモンバランスが崩れると、頭痛や生理不順、吐き気などの症状につながるため、もし卵胞期にも飲み続けたいということであれば、エストロゲン様作用のある成分と合わせて飲むことをおすすめします。

 

バストアップサプリで人気のLUNA(ルーナ)は卵胞期用、黄体期用に2種類の成分が異なるサプリが用意されているので、副作用の心配もなく安心して飲めます。

 

>>LUNAについて詳細はこちら