ボルフィリンの働きについて

MENU

ボルフィリンはバストの脂肪細胞を増殖させる効果!

バストアップサプリメント

バストケアクリームに配合されているボルフィリンの主な働きとしては、バストの脂肪組織を分化させ増殖させるということです。

 

さらに、その増殖した脂肪を蓄えてくれる効果もあるので、一度増殖された効果が持続しやすいことになります。

 

今までの女性ホルモンに働き掛ける成分のバストケアクリームだと、使い続けないと効果が持続できないとも言われていますが、ボルフィリン配合のバストケアクリームの場合は、一度使って、理想のバストになったところで使用をやめても、効果としてはそのまま継続された状態が続きやすいということになります。

 

ボルフィリンは塗った箇所の脂肪組織だけを分化、増殖させるので、バストにだけ塗布すればバストだけを狙って大きくすることができますし、ヒップのサイズが小さいからヒップを大きくしたいという人がいれば、ヒップに塗布することもできます。

 

また年齢を重ねてデコルテ部分にハリがなくなったと感じる人がデコルテ部分に塗ると脂肪でふっくらしてきて、ハリを取り戻すことができます。

 

女性ホルモンにはたらきかけることによって、バストケアをするタイプのクリームだと、女性ホルモンの乱れによる副作用が想定されますが、ボルフィリンは女性ホルモンにははたらきかけないので、ホルモンバランスの乱れによる副作用も起きません。

 

また医薬品にも指定されておらず、その他にも危険な副作用は考えられないのですが、心配があるとすれば皮膚アレルギーなので、敏感な人は使用する前にパッチテストを行った方が安全です。