プエラリアミリフィカの効果と副作用

MENU

プエラリアって何?効果と副作用について詳しく説明

プエラリア(プエラリア・ミリフィカ)はほとんどのバストアップサプリに主成分として含まれています。

 

むしろ、胸を大きくする目的のサプリに含まれていない方が珍しい(ピンキープラスを除く)とも言える育乳サプリのエースとも言えます。

 

そんなプエラリア・ミリフィカですが、最近では国民生活センターが安易な摂取を控えるようにという注意喚起をしているため、「プエラリアって危ないの?」というネガティブなイメージも持たれがちです。

 

こちらでは、プエラリア・ミリフィカについて効果と副作用、そして正しい服用方法について詳しく説明していきたいと思います。

 

 

プエラリアって何?

プエラリア(プエラリア・ミリフィカ)はマメ科のクズ属に属する植物で、古くからタイ北部や北部ビルマ(ミャンマー)で年配男女の若返り食として用いられ、かつ若者の使用は禁じた秘蔵の食べ物でした。

 

それが、世界に広まり、今では各国で主にサプリメントの原料として利用されています。

 

現在でも、タイ北部の地域ではプエラリアの塊根をすりつぶして蜂蜜と混ぜ美容食としたり、健康維持・促進のため生のまま食べたり、精力を付ける食べ物として重宝されています。

 

タイ国で最も権威のあるチュラロンコン大学ティピュート教授の調査研究に依ると、

 


主成分はデンプン質・多糖類・繊維質・微量のビタミン群で、この中に女性ホルモン様作用を持つ、種々のイソフラボン誘導体群が確認された

 

とのことです。

 

古くからプエラリアミリフィカの効果を実感している人が多い事について、科学的な理由付けが一部ではされているのです。

プエラリアの効果は?

女性ホルモン様作用を持つプエラリアということですが、具体的にどの様な効果が期待できるのかは以下の通りです。

 

  • 胸を大きくする
  • 柔らかく若々しい肌を作る
  • 顔の色艶を良くし肌を若返らせる
  • そばかすをけす
  • 育毛・白髪を黒くする
  • 関節痛を和らげる
  • 精力がアップする

 

女性にとって嬉しいことばかりですよね。

 

どうしてこんなにも嬉しい美容効果が期待できるのか?

 

それは、プエラリア・ミリフィカに含まれる【ミロエステロール】【デオキシミロエステロール】にあります。

 

プエラリアミリフィカに含まれる【ミロエステロール】【デオキシミロエステロール】は体内に取り込まれることで女性ホルモンの一つであるエストロゲンと同じような働きをします。

 

ちなみに、女性ホルモンと似た働きをする成分で私たちに身近なものが大豆イソフラボンではないでしょうか?

 

美容のために豆乳を毎日飲んでいるという人も多いと思います。

 

なんと、プエラリアは大豆の約40倍ものイソフラボンを含み、さらに【ミロエステロール】【デオキシミロエステロール】はイソフラボンの約1,000〜10,000倍のエストロゲン活性作用があると言われています。

エストロゲンとは?

エストロゲンは女性ホルモンの一つです。

 

主に女性ホルモンは卵胞期に分泌されるエストロゲンと、黄体期に分泌されるプロゲステロンの2つがあります。

 

ただ、一般的にエストロゲンの分泌が優位になる卵胞期の方が体の調子が良いと感じることが多いため、エストロゲンは味方、プロゲステロンは敵!というようなイメージが強いですよね。

 

でも、どちらも女性の妊娠・出産の環境を整えるために必要不可欠な存在で、この2つの女性ホルモンはバランスを取り合って働いています。

 

先ほど、プエラリア・ミリフィカがエストロゲン(卵胞ホルモン)と同じような働きをすると言いましたが、まさにそのエストロゲンが女性らしい美しさを作り出し心身を健やかにする効果があるのです。

プエラリアの副作用は?

プエラリアの副作用は、国民生活センターが2017年7月に発表した資料が参考になります。

 

内容を要約すると、プエラリア・ミリフィカを含む健康食品(サプリメント)に関する危害情報が2012年〜2017年4月末までで合計209件あったということです。

 

その209件全員がほぼ女性で、年齢別に20歳代が69件と最も多く、次いで40歳代が42件、30歳代が41件、10歳代が37件だったとのことです。

 

危害内容は嘔吐、腹痛、下痢、発疹、じんましん、月経不順、不正出血といった月経に関する健康被害などです。

どうして副作用が起こる?

プエラリアで副作用が起こる理由は、一言でいえばホルモンバランス崩れるからです。

 

女性の体は女性ホルモンによって守られています。

 

健康や美しさを維持する働きが大きいエストロゲンが大量に増えればいいかというと、そうではないんですね。

 

新しい生命を育む母体を守るため、活発に動けなくなるような働きをするプロゲステロンも重要な存在です。

 

大切なのは、その人の年齢や状態に合ったバランスの良い分泌です。

 

エストロゲンと似た作用を持つプエラリア・ミリフィカによってホルモンバランスが崩れてしまった時に上記のような副作用が起こるのです。

プエラリアの副作用を避けつつバストアップする方法とは?

その前にあなたはこれまでご説明してきたことを踏まえて、プエラリアを摂取したいですか?

 

副作用があるかもしれないけど、裏を返せば強力な効果が期待できるのでは?

 

と思った方もいるかも知れません。

 

もしくは、そんなにリスクを取ってまでプエラリアは摂取したくない。

 

2通りの方がいると思います。

 

ここからは、【プエラリアを摂取しつつ副作用を極力避ける方法】と【プエラリアを摂取せずにバストアップを目指す方法】についてご紹介したいと思います。

プエラリアを摂取しつつ副作用を極力避ける方法

プエラリアの副作用はホルモンバランスが崩れることで起るとお伝えしました。

 

では、ホルモンバランスを崩さないためにできることを考えます。

 

  1. 過剰摂取を避ける
  2. ホルモンバランスが不安定な時期を避ける
  3. 品質の高いプエラリアを原料としているものを選ぶ

 

過剰摂取を避ける

 

早く胸を大きくしたいからと、メーカーが定める一日の摂取目安量を超えて飲むのは厳禁です。

 

各メーカーが定める1日の摂取目安量はそれぞれ異なりますが、最低限メーカーが定める目安量を守らなければ体調不良が起きたとしても「いやいや、あなたが悪いんでしょ」ということになります。

 

では、プエラリア・ミリフィカはどれくらいだったら摂取しても大丈夫なのでしょうか?

 

国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所の「健康食品」の安全性・有効性情報によると以下の通りです。

 

プエラリア・ミリフィカに含まれる成分は、産地や収穫時期、植物の年齢によってかなり幅があり、それを含む製品についても、含有成分量にかなりの幅があることが指摘されている。

 

現時点でプエラリアの安全な摂取量についてはまだよく分かっていない

 

引用:http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail673.html

 

また、原産国のタイでは、健康食品などにより摂取する場合には1日の摂取量がプエラリア・ミリフィカ末として 100mg を超えないこととされています。

 

ホルモンバランスが不安定な時期を避ける

 

ホルモンバランスが不安定な時期とはいつのことを指すのでしょうか?

 

それは、生理前から生理中です。

 

月経周期(生理周期)は一般的に短い人で25日、長い人で38日程度です。

 

卵胞ホルモン(エストロゲン)が優位になり、体調も良好な卵胞期。
↓↓↓
エストロゲンの分泌がピークに達する排卵期。
↓↓↓
黄体ホルモン(プロゲステロン)が優位になり心身共にさまざまな不調が起こる黄体期。
↓↓↓
そして両方の女性ホルモンの分泌が低下する月経期。

 

これら4つの時期で月経周期は成り立っています。

 

本来エストロゲンの分泌が低下し、プロゲステロンの分泌が増える黄体期から月経期にかけて、エストロゲンと似た働きをするプエラリア・ミリフィカを摂取するとホルモンバランスが乱れてしまい体にトラブルが起こるもととなるのです。

 

品質の高いプエラリアを原料としているものを選ぶ

 

プエラリア・ミリフィカは現地人でも本物とそうでないものの見分けがつきにくいというぐらい、類似植物があるそうです。

 

偽物や粗悪なものだと、そもそも活性成分を含んでいないものもあり効果がないだけならまだしも、粗悪な成分により副作用が起こることも考えられます。

 

プエラリアサプリを選ぶ際には、タイ国で品質が証明されているプエラリアを原料としているメーカーのものを選ぶようにしましょう。

プエラリアを摂取せずにバストアップを目指す方法

プエラリア不使用のバストアップサプリを服用する。
ナイトブラを着用する
バストアップマッサージを実践する

 

プエラリア不使用のバストアップサプリを服用する

 

プエラリア不使用のバストアップサプリでおすすめはピンキープラスです。

 

ほとんどのバストアップサプリはプエラリアのエストロゲン様作用によってバストアップを図るというものですが、ピンキープラスは女性ホルモンの分泌を妨げる原因を取り除くことでバストアップを図るバストアップサプリです。

 

ピンキープラスには女性ホルモン様作用のある成分は含まれていないのか?

 

ピンキープラスに含まれるブラックコホシュはエストロゲンと似た働きをする女性ホルモン様作用を持ちます。

 

同時に、アダプトゲン作用という女性ホルモンの調整をする作用も持っています。

 

アダプトゲン作用とは、女性ホルモンの分泌が少なければ多くし、逆に多すぎる場合は少なくするというバランスをキープしてくれる作用のことです。

 

このため、ブラックコホシュで女性ホルモンバランスを崩し副作用を起こす可能性は極めて低いと言えます。

 

ナイトブラを着用する
ナイトブラは、寝ている間にバストが横流れするのを防ぎ、脇や背中に流れてしまったバストの脂肪を本来あるべきところに戻すという効果とバストを支えるクーパー靱帯の保護に役立ちます。

 

ただし、もともとバストやバスト周りに脂肪がほとんどないという方はどうしてもバストアップ効果を実感しにくいアイテムとなります。

プエラリアミリフィカの効果と副作用についてまとめ

プエラリアミリフィカはバストアップ効果が実証されていないとは言え、強力な女性ホルモン様作用があるということははっきりしています。

 

ですが、「悪者扱い」をする必要もありません。

 

疾患があったり、妊娠中や授乳中、体が成熟していない若年者の方は服用するべきではないですが、多くの女性がプエラリアによって女性らしさやバストアップ効果を実感しているのも事実として存在します。

 

これらのことを踏まえた上で、自己責任のもと選択するようにしましょう。