DHC濃縮プエラリアミリフィカ

MENU

DHC濃縮プエラリアミリフィカは副作用がある?口コミ・評判まとめ

DHC濃縮プエラリアミリフィカ

 

DHC濃縮プエラリアミリフィカは、全国8万4千店もの販売網を持つ大手化粧品・健康食品メーカDHCが販売するバストアップサプリです。

 

DHCのサプリは今やコンビニやドラッグストアでよく見かけるようになり、大手の商品ということもあって安心感がありますよね。

 

そんなDHCのバストアップサプリ濃縮プエラリアミリフィカが気になっているという方のために、気になる副作用や口コミ、評判などを詳しくご紹介していきたいと思います!

 

それではまいりましょう!

DHC濃縮プエラリアミリフィカの特筆すべき特徴は?

まずは、DHC濃縮プエラリアミリフィカの商品情報についてご紹介したいと思います。

 

値段は?

DHCのモットーは「同じ品質なら、必ず安い。同じ価格なら、必ず高品質。他社より優れていなければ製品化しない。」というものがあります。

 

確かに、店頭に並んでいるDHCのサプリはどれもお手頃価格で、つい衝動買いしてしまいそうになります。

 

そんな中でも、このDHC濃縮プエラリアミリフィカは30日分90粒入り4,104円(税込)とDHCサプリの愛用歴が長い人からしても少しお高めとなっています。

 

楽天で調べてみると20日分60粒入りが2,000円前半〜2000円後半で売っているショップが複数あります。

 

 

成分について

プエラリアミリフィカ自体は、1日3粒あたりに30rと他のバストアップサプリよりも含有量はかなり少なめですが、他のバストアップサプリと比較して特徴的なのは、プエラリンが99%も配合されているという点です。

 

プエラリアミリフィカには、エストロゲン活性をもつ植物性エストロゲンが17種類含まれていることが明らかとなっています。

イソフラボン類(10種類) ダイゼイン、ダイジン、ゲニスチン、ゲニステイン、クワクリン、クワクリンハイドレート、ツベロシン、プエラリン、ミリフィシン、プエミリカルペン
クメストラン類(4種類)

クメストロール、ミリフィクメスタン、ミリフィクメスタングリコール、
ミリフィクメスタンハイドレート

クロメン類(3種類) ミロエストロール、デオキシミロエストロール、イソミロエストロール

出展:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22460444

 

プエラリアミリフィカの中でもプエラリンは1%ほどしか含まれていないという希少成分なのですが、DHC濃縮プエラリアミリフィカはプエラリンが99%になるまで濃縮しているというわけですから、ものすごくバストアップ効果が高そう!

 

という印象を受けます。

 

その他、ブラックコホッシュエキス、コロハが含まれていて、それぞれ以下のような効果が期待できます。

 

◯ブラックコホシュ
北米に分布する女性ホルモンのバランスを整える効果が期待されているハーブです。アメリカではとても人気のある成分で、月経前症候群(PMS)や月経不順、更年期症状の改善のために服用する人が多いそうです。
◯コロハ
コロハは日本名で、フェヌグリークを指します。フェヌグリークに含まれるジオスゲニンという成分が女性ホルモンのプロゲステロンと似た働きをするとされ、欧米では豊胸目的にバストアップサプリとして飲まれています。

 

飲み方は?

DHCの公式オンラインショップを見ると、朝・昼・晩と数回に分けて飲むのを推奨しています。

 

1日の摂取目安量が3粒なので、1粒づつ飲むということになります。

 

後でもご紹介しますが、お問い合わせ窓口に問い合わせたところ、生理中でも服用して問題ないということでした。生理周期に合わせて飲み分けは必要ないということです。

DHC濃縮プエラリアミリフィカは危なくない?DHCに問い合わせてみた

2018年秋口にニュースになったプエラリアミリフィカの健康被害について国民生活センターが注意喚起をしたのは記憶に新しいですね。

 

そんなこともあり、DHCの濃縮プエラリアミリフィカは大丈夫なの?と不安に思う人も多いと思います。

 

そこで、管理人である私がDHCの健康食品相談室に電話しストレートに質問してみました。

 

ちなみにDHCは、部門別に相談窓口が設けられています。

 

  1. 通販での化粧品専用美容相談室
  2. 店舗販売での化粧品専用美容相談室
  3. 健康食品相談室
  4. DHCダイエット相談室
  5. 医薬品相談室
  6. 遺伝子検査相談室
  7. ファッション・雑貨相談室
  8. 書籍についてのお問い合わせ
  9. ビールについてのお問い合わせ

参考:DHCお問い合わせ一覧 https://www.dhc.co.jp/guide/link.jsp

 

この中でも濃縮プエラリアミリフィカについてはは3番目の健康食品相談室に問い合わせると、医師・薬剤師・栄養士から構成される専門スタッフ飲みあわせを含めて質問や相談に答えてくれます。

 

これはとても心強いですね!

 

それでは私が実際に健康食品相談室に問い合わせた際のスタッフの方とのやり取りをご紹介したいと思います。

 

すみません、プエラリアミリフィカの健康被害がニュースになっていましたがDHCさんの濃縮プエラリアミリフィカは大丈夫でしょうか?


 

はい、妊娠中・授乳中または、生理がまだ始まっていない方、乳幼児の方は控えるよう指針が出ていますが、それ以外の方で特に何か疾患がお持ちだったり、薬を服用されているということでなければ問題はありません。

 

昨年の秋(2018年秋)にプエラリアミリフィカの健康被害についてニュースになりましたが、特にDHCのものということではありませんので、安心して飲んでいただけますが、万が一体調に不具合が出た場合は服用を中止し、こちらの窓口にご相談くださいませ。


 

生理中でも飲んで大丈夫ですか?


 

はい、生理中でも問題なくお飲みいただけます。


 

ちなみに、原料に使われているプエラリアの産地は教えていただけますか?


 

はい、プエラリアの産地はタイです。


 

ありがとうございました。


 

ということでした。

 

おそらく、この手の質問が多いのか、スタッフの方は手慣れた感じで丁寧に回答してくださいました。

 

万が一何かあったときに相談できるというのは大きな強みですね!

 

次は、実際に体験者の口コミを見ていきたいと思います。

DHC濃縮プエラリアミリフィカの口コミは?@コスメでは辛口コメントが・・・

DHC濃縮プエラリアミリフィカの口コミを調べていると、あることに気づきました。

 

それは、DHCの公式オンラインショップのサイトで濃縮プエラリアミリフィカの口コミをみると、53件口コミが寄せられているのですが、どれをとっても良い口コミばかりなんですね。

 

ただ、@コスメを見てみると・・・

 

@コスメでの口コミ

 

決して良いとは言えない☆の数が。

 

DHCの公式オンラインショップに掲載されている口コミよりも新しい日付のものが並んでいて、母数も圧倒的に多いので信憑性は高いですよね。

 

以下に@コスメの口コミの内容をまとめました。

 

悪い口コミ

●効果も副作用もなし。何も感じられなかった。いったいなんだったんだろう。
●ニオイがきつい。
●飲んだ翌日にニキビができた。飲むのをやめたらニキビが治った。
●3ヶ月続けたけど全く効果なし。
●飲んだ翌日に前回の生理から2週間しかたっていないのに、不正出血した。

良い口コミ

●バストや肌に変化はなかったけど、一番不安だった生理不順が速攻でなおった。
●プラセンタと併用し、お風呂でリンパマッサージ、寝るときはナイトブラをつけていたらBカップからDカップにバストアップできた。
●カップ数が上がるほどではないけど、久々にハリが出てきた。

 

結論としては、効果を感じている人よりも、効果を感じなかった人の方が多いということがわかりました。

 

また、効果を感じることができた人は、濃縮プエラリアミリフィカ単体だけでなく、プラセンタサプリと併用したりリンパマッサージやナイトブラなど他にもバストアップのための努力をされているということがわかりました。

 

プラセンタサプリと併用する場合は、コストが2重でかかるためプラセンタがサポート成分に含まれているバストアップサプリを選ぶのも一つだと思います。

 

◆プラセンタが配合されているプエラリアサプリはこちら◆

⇒ベルタプエラリア もともとモデルや芸能人向けに販売されていたバストアップサプリを一般解禁。初回ベルタアップクリーム(バストケアクリーム)がもらえる。
⇒ルーナハーバルサプリ 90日間返金保証付き。生理周期に合わせて飲み分けるタイプ。
⇒meemo(ミーモ) 初回無料。おっぱい番長こと朝井麗華監修のバストアップゼリー。2種類のゼリーを体調に合わせて飲み分けるタイプ。

DHC濃縮プエラリアミリフィカが向いている人はこんな人

DHC濃縮プエラリアミリフィカが向いている人は、

 

・大手企業の商品を好む人。
・通販でモノを買うのを好まない人、実店舗で買いたい人。

 

です。

 

バストアップ効果については人それぞれ個人差がありますが、口コミからはさほど期待は高く持てません。

 

バストアップサプリで損したくない!という人はまずは返金保証付きのバストアップサプリから始めてみるのも一つではないでしょうか?