ブラジャーの付け方間違っていませんか?

MENU

ブラジャーとバストの関係

自分に合ったブラジャーをつけていないことでバストの型崩れや縮小を引き起こしてしまう可能性があることをご存知でしょうか?

 

バストを支えている『クーパー靭帯』はストレスを受けやすく、間違ったつけ方をしていると、バストの理想位置で支えられなくなってしまいます。

 

 

バストサイズの測り方

ブラジャーは胸のふくらみの一番高い所(トップ)と低い所(アンダー)の差を測り、その数値でカップ数が定められています。
女性はすぐ太ったり痩せたり体型が変わりますので、季節の変わり目ごとに採寸&試着するのが理想です。

 

トップとアンダーの差によってカップがかわる↓↓

 

10p=Aカップ
12.5p=Bカップ
15p=Cカップ
17.5p=Dカップ
20p=Eカップ
22.5p=Fカップ

 

正しいブラジャーの付け方

  1. アンダーが間違っていると胸をしっかり支えられないため、まずはアンダーの位置を合わせる。
  2. ストラップを両肩にかけ、カップ下のアンダー部分を持ち、バストの付け根に合わせる。
  3. きつくない程度、緩くない程度の位置にホックを留めます。
  4. 前屈みになり、左手で左のカップのストラップの付け根を少し浮かせ、右手で左側のバスト全体を包み、中央に寄せながら右肩方向へやさしく引き上げます。真ん中も同様に。
  5. 体を起こして最後にストラップを調整します。

 

これらを意識してみると、バストに変化が起こってきますよ!

関連ページ

バストアップに良くない食べ物って?
バストアップに良い行いなどを中心にご紹介してきましたが、こちらでは逆にバストアップに良くない食べ物についてご紹介しています。どんな食べ物があるのでしょうか?
貧乳の原因はストレスから?ストレスフリーを目指してバストアップを
バストが大きくならないという場合は、ストレスが原因なことが多いです。睡眠をしっかりとったり栄養のある事を摂ることで、ホルモンのバランスが良くなりバストアップができます。
猫背はバストアップの妨げに
姿勢が前かがみになる猫背は胸を小さくしてしまう原因になるので、バストアップを目指すために、胸を持ち上げながら姿勢を正すのを目的として大胸筋を鍛えることが大切です。